業績ニュース
2024年2月14日 21:37
東映が14日発表した2023年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比24%減の107億円だった。
2023年4月公開の映画「聖闘士星矢 The Beginning」の興行が振るわず、評価損を計上したことが響いた。
売上高は0.2%増の1283億円で、4〜12月期として過去最高だった。

22年12月公開の映画「THE FIRST SLAM DUNK」が引き続き好稼働した。
「翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜」の興収は4日時点で23億円、「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」は25億円を超えた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC147FJ0U4A210C2000000/?n_cid=SNSTW006&n_tw=1707915695
続き