東京市場 1ユーロ=173円台に ユーロ導入以降の最安値更新
2024年7月1日 18時16分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240701/k10014498021000.html

週明け1日の東京外国為替市場では、フランスの議会下院の選挙結果が市場の予想の範囲内だったとして、円を売ってユーロを買い戻す動きが出て、円は一時、1ユーロ=173円台半ばまで値下がりし、1999年以降の最安値を更新しました。

1日の東京外国為替市場では、6月30日に行われたフランスの議会下院の選挙の1回目の投票で、極右政党と連携する勢力が大きく躍進したものの、市場の予想の範囲内だったとしてフランスの情勢不安に対する警戒感がいくぶん和らぎました。

このため円を売ってユーロを買い戻す動きが出て、円は一時、1ユーロ=173円台半ばまで値下がりし、ユーロが導入された1999年以降の最安値を更新しました。

午後5時時点の円相場は、ユーロに対し、先週末と比べて1円3銭、円安ユーロ高の1ユーロ=173円16銭から20銭でした。

※全文はリンク先で