新紙幣3日発行、20年ぶり刷新 世界初技術採用、企業対応遅れも

 約20年ぶりの新紙幣発行が3日に始まる。1万円札の肖像は福沢諭吉から実業家の渋沢栄一に刷新するほか、偽造を防ぐために紙幣としては世界初となるホログラムを採用した。企業は券売機などの改修を進めるが、対応が遅れて新紙幣を使えないケースも出そうだ。

 紙幣のデザイン刷新は2004年以来で、1万円札、5千円札、千円札の3種類が対象。5千円札の肖像は樋口一葉から女性教育の先駆けとなった津田梅子に、千円札は野口英世から近代医学の基礎を築いた北里柴三郎にそれぞれ交代する。

 偽造防止に向けて最新技術を活用し、肖像の3D画像が回転するように見えるホログラム技術が採用された。

共同通信 2024年07月01日 17時20分
https://www.47news.jp/11135361.html