今年5月の夜、JR小田原駅(神奈川県)に着いた電車内の座席で、男性が亡くなっているのがみつかった。

朝、JR渋谷駅(東京都)から男性を乗せたとみられる電車は終日折り返し運転を続け、駅員が男性を発見したのは、乗車から約12時間後だった。その間、異変に気付く人はいなかった。車内で病死したとみられるという。

 「男性客の脈がない」――。5月11日午後7時40分ごろ、JR小田原駅員から119番通報が入った。小田原市消防本部やJR関係者などによると、その場で死亡が確認され、警察に事件性がないと判断された。

【中略】

この日は、神奈川県内の駅と宇都宮駅の間を3回折り返して、計652・7キロ走行していた。遺体が見つかった小田原駅は、この日の運行の終点だった。

電車に乗ったとみられるのは12時間前 その後652キロ走行

続きは朝日新聞 (一部有料)
2024年7月1日 5:00
https://www.asahi.com/articles/ASS6X1P7DS6XOXIE02HM.html