和歌山県警が悪質あおり運転映像の捜査開始へ!テレビ報道の影響か

和歌山県警が悪質あおり運転映像の捜査開始へ!テレビ報道の影響か

あおり運転あおりうんてん)とは、道路を走行する運転者が、運転中に他の運転者を煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせ、通行をみだりに妨害する行為の総称である。 日本においては2020年6月30日の改正道路交通法及び施行令により、幅寄せや急な加減速等、10種の危険行為を対象とした「妨害運…
50キロバイト (7,186 語) - 2024年4月5日 (金) 19:35

(出典 sirabee.com)
いまやSNSの影響力は大きいから、事件が公になれば警察も動きやすくなるのでしょう。

1 PARADISE ★ :2024/06/29(土) 18:49:11.98 ID:1FGP+k129

27日、交通教育系YouTuberの「綾人サロン」(登録者数34万人)がYouTubeを更新。先日公開したあおり運転のドライブレコーダー映像をめぐる和歌山県警の態度が一変し、捜査が始まることを伝えました。

和歌山県警が捜査を開始
綾人は21日、「過去イチと言って良いレベルで凶悪なあおり運転」として、和歌山市内で撮影されたドライブレコーダーの映像を紹介しました。26日の動画では、撮影者が所轄の和歌山県東警察署を訪れ、映像を見せたものの警察は何の対応もしなかったと報告。問題の車両は、あおり運転をしている上、ナンバープレートや車検シールも貼っておらず、視聴者からは和歌山県警の怠慢を批判する声が殺到していました。

27日、綾人は再びこの件で動画を投稿しました。綾人によると、26日に撮影者の和歌山県東警察署から突然連絡があり、撮影者の自宅を警察官が訪問。「捜査を行います」という話があったそうです。

前日に撮影者が警察署を訪れた際には、警察官はドライブレコーダーの映像を受け取りもしなかったため、撮影者は「全く対応が変わって非常に驚いた」とのこと。「映像いらんのかと思いました」と話すと、警察官は「欲しいです」と答えたのだとか。警察官は映像のデータを受け取り、ドライブレコーダーに時間のズレがないかなどを確認して帰っていったそうです。

テレビ報道で180度対応が変わった?
この件をめぐっては、綾人のもとに複数のテレビ局から問い合わせがあったといい、すでに放送された番組もあります。綾人は、ある番組からは、撮影者が警察署に訪問した後、捜査状況が不明である点を警察署に確認すると聞いたそうです。

綾人は、テレビ局の問い合わせを受けて、「警察が動いたという可能性も多分に考えられるんじゃないかと思います」「(警察が)変わらざるを得なかった」と推察。「今後は積極的な捜査がなされるのではないか」とした上で、「厳正な対応をおこなっていただきたいと思います」と期待するとともに、結果として「非常に良い形となりました」として、「私としてもサポート、ご協力することができて嬉しく思います」と語りました。

動画のコメント欄では約4000件のコメントが寄せられており、

全国テレビで放送されないと動かないというのは、情けないですね。

テレビで放送されるから慌てて捜査することにした印象。和歌山県警はレベル低いな

何で警察動*のに一回バズらせなきゃならんねん

最初から捜査しない時点で信頼は失墜した

と和歌山県警を批判する声が大量に投稿されています。

https://mdpr.jp/news/detail/4313852

動画
えげつない煽り運転されたんで 110番通報してみた【警察に通報する一部始終】

(出典 Youtube)

続きを読む

a

続きを見る

-芸能/スポーツ
-