レプリカ銃を警察に向けた13歳少年 射殺されてしまう・・・

レプリカ銃を警察に向けた13歳少年 射殺されてしまう・・・

銃のサムネイル
米軍・自衛隊のブローニングM2重機関、ソ連のZPU-1重機関など、正確には口径14.5mmから12.7mmサイズの大口径弾を使うを指し、通常の小銃弾を使う重機関は中機関(ミドルマシンガン)として区別されることもある。マキシム機関や旧日本軍の九二式重機関などはこちらへ分類される。 軽機関(ライトマシンガン) 重機関
60キロバイト (9,350 語) - 2024年6月13日 (木) 04:54

(出典 assets.st-note.com)
即座に判断なんてできないですしね・・・

1 @シャチ ★ 警備員[Lv.10] :2024/07/01(月) 19:46:42.86

7/1(月) 17:37配信 CNN.co.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/d84a4df29bdf487c7b10ef1f8ea9991d48ee67d2
(CNN) 米ニューヨーク州中部ユーティカで先週、警察の職務質問から逃れようとして銃のようなものを構えたアジア系の少年(13)が、警官に撃たれて死亡した。その後、少年が持っていたのは銃のレプリカだったことが判明した。

地元警察の発表によると、近くで起きた強盗事件2件の捜査に協力して、6月28日に警官3人がこの地区をパトロールしていた。事件では、アジア系の男とされる2人組が被害者らを黒い銃器で脅し、持ち物を盗んだとされる。

警官らは容疑者の特徴と一致する13歳の少年2人を見つけ、職質を試みた。2人のうち、車道を歩いて道路交通法に違反していた少年の身体検査をしようとしたところ、この少年は徒歩で逃げ出し、けん銃のようなものを取り出して警官らに向けた。本物の銃に見えたとされるが、その後の調べでレプリカと判明した。

警官が装着していたボディーカメラには、警官の1人が少年に体当たりして殴り付け、もう1人が銃を一発撃つ場面が映っている。少年は胸部を撃たれ、ただちに警官らの応急手当てを受けたが、搬送先の病院で死亡した。

3人の警官は全員、休職を命じられているという。

ユーティカは人口6万5000人の都市で、ミャンマーからの難民4200人が暮らす。地元メディアによると、死亡した少年はミャンマーで生まれた少数民族カレン族の難民で、市内の中学校に通っていた。

29日未明にかけて開かれた記者会見には遺族らも参加したとされ、警察責任者や市長の話がブーイングで何度も中断された。29日夜には、警察署の前で小規模な抗議デモも起きた。

続きを読む

続きを見る

-2ch/生活
-